正徳五年に創業し、大正時代には贅を尽くした別館を持つに至りましたが
惜しくも関東大震災で消失、現在の遊仙観は昭和後期に建てられました。

箱根芦之湯の歴史を受け継ぐ「きのくにや旅館」の別館

江戸時代 正徳五年に開業した宿
箱根の旅館 遊仙観

十二代目館主が作成した宿との歴史の資料ページ
温泉と歴史のすべて

遊仙観には勝海舟の書が展示されています。

温泉と歴史の資料

 

 

▲PAGE TOP